タロット占いについて

タロット占いについては、 まずは基本的なことから少しずつ話してゆきたいと思います。今回は、ずいぶん前にホームページに掲載するために書いた文章を修正して投稿しておきます。タ ロット占いについてあまりよく知らないという人のための一般的なお話しです。

タロット占いというのは、ゲームで使うトランプのようなカードを使っ て占う方法です。78枚のカードを使うのが一般的ですが、そのうちのメインとなる22枚のみで占われる事もよくあります。

占い師は1組のタロットカード(78枚、または22枚など)をシャッ フル(カードをかき混ぜること)し、その中からランダムに1枚〜数枚のカードを抜き出します。それらのカードをテーブルの上に並べて、相談者の質問に対す る答えを導き出すわけです。

生年月日で占う占星術などと違い、最初から決められた運命を読み取る 事よりも、その日その時の相談者の状況がどのような運命にあるかという事を読み取るのに適しています。また、遠い先の事を予言するよりも、相談者が今、ど のような選択をする事で望みの未来を導く事が出来るのかといった質問にも適しています。つまり、タロット占いというのは、相談者の日常の生活に密着した形 で利用される事が多く、非常に実用的な占いだといえるでしょう。

タロットカードの歴史については専門的な事を学んだわけではないの で、私がここに書ける事はほとんどないのですが、実際のところ、ほとんどの解説書には、「タロットの起源については不明」と書かれていて、様々な説を挙げ ていたりします。例としてはエジプト起源説などが挙げられていたりして、何千年も昔にルーツがあるとも言われていますが、実際に現在最も普及しているタ ロットの形になったのは現代になってからで、ほんの数百年ほど前の事らしいです。また、もともと占いのための道具というわけではなく、カードゲームの道具 として作られたのが起源であるという説もあります。

タロットは現代オカルティズムのエッセンスが凝縮され盛り込まれた非 常に高度なツールでもあるのですが、そういった事にとらわれる必要はありません。自由な発想でタロット占いを日常生活に活用し、また、楽しむ事が出来れば いいと思います。



片桐智のタロット占い